【4話】ネタバレあらすじ 中間告白の結果は? 彼とオオカミちゃんには騙されない オオカミ予想、考察

【4話】ネタバレあらすじ 中間告白の結果は? 彼とオオカミちゃんには騙されない オオカミ予想、考察

2022年3月13日放送の「彼とオオカミちゃんには騙さされない」の4話の内容です。

今回のMCは飯豊まりえ、山崎紘菜、滝沢カレン、神尾楓珠、横澤夏子の5人。

ゆなが太陽LINEを使った前回

 

ゆうきの月LINE

ユリホを誘う。

ゆうき「今日は2人で楽しみたいと思ったから」

とスケートをしに行く。

ゆりほ「この冬やっておきたいことある?」

ゆうき「いい冬にしたい」

ユリホ「いいふゆってなに?」

ゆうき「ユリホと一緒に入れる冬かな」

 

ゆうきがお弁当を作ってきていた。

ユリホ「サンドイッチだ。かわいい。ありがとう」

と食べる。

ユリホ「グッド、おいしい。ありがとう」

ゆうき「良かった。頑張りました」

ユリホ「ほっぺについてる、あと髪にもずっとついてる」

ゆうき「まじか!」

ゆうき「中間前だし、気持ちを伝えたくて、ショーンより気持ちは大きいし、待ってるよ俺は。脱落してほしくないのもユリホだから、脱落しないようにお守りを渡しときます」

ユリホ「ありがとう。頼んだぞお守り」

 

アトリエ

女子からの中間告白があることが発表される。

また男子からは気になる女子にお守りを渡すことに。

 

レオはみんなの前ですぐにゆなに渡す。

レオ「後で理由話すからお守りやし1秒でも長くもっといて」

ゆなは照れる。

 

ショーン&まゆ

まゆ「ショーンどう?」

ショーン「誰だと思う?」

まゆ「ユリホ行くのかなって」

ショーン「そう思うよね」

まゆはSASUKEのことをショーンに相談する。

 

そこにゆうきとユリホがアトリエに帰ってくる。

 

せいながマイラを誘って買出しに。

 

せいな&マイラ

マイラ「中間前に私ふられてるんだよ」

せいな「フワフワしてる自分がいなくなって、一番向き合いたいのはマイラ」

マイラ「うれしい」

せいな「誕生日の時に花つけてて、めっちゃ可愛いなと思った。マイラしか見てなかった。あれにやられた」

マイラ「うれしい」

せいな「もっと一緒にいたいから」

とお守りを渡す

マイラ「ありがとうございます。うれしい。ちゃんと見てくれてるんだなっていうのが」

 

 

SASUKE&まゆ

SASUKEが誘う。

まゆ「なんで呼んでくれたの?」

SASUKE「今日全然話してない」

まゆ「正直、SASUKEくんはゆなちゃんといい感じなのかなって見てる」

SASUKE「僕もまだ決まり切ってはない」

まゆ「もう決めたのかなって思った」

SASUKE「ショーンのこといかれたら困るしな」

とお守りを渡す

まゆ「マジで言ってる?」

SASUKE「待っててほしいな。まだ落ちられたら困る」

まゆ「まじか。そうなんだ。全然わかんなかった。ゆなに渡さなくていいの?うれしい、ありがとう」

 

SASUKEが帰って、ゆながお守りをもらってないことに気づき、まゆがもらっていたことを言いづらそうに言う。

 

レオ&ゆな

レオ「脱落しないためのお守り、俺はゆなが負けそうなときは寄り添ってあげたい。」

ゆな「やばい」と涙する

ゆな「絶対疑われるって思ったから、レオの今の言葉がかけてほしい言葉だった。本当にオオカミじゃない」

 

YUNAの月LINE

YUNAが誘ったのはショーンだった。

 

ケーキを食べる。

YUNA「私あんまり悩んでないかも。今日バレンタインだから」

とチョコを渡す。

ショーン「超うまい。ありがとう。最高。自慢しようみんなに」

YUNA「バレンタイン初めて作った」

ショーン「初バレンタイン俺でいいの?」

YUNA「私は脱落の可能性もあるし、だから早めに月LINE使って」

ショーン「本当にうれしい」

YUNAが”あなたをもう友達だと思わない”と韓国語で伝え、日本語翻訳してショーンは理解する。

ショーン「うれしい」

ショーンはYUNAにお守りを渡していた。

 

 

中間告白(NOTオオカミ宣言)

女子から気になる男子にNOTオオカミ宣言をする。

 

まゆ

SASUKEに告白する。

まゆ「SASUKEくんは初めましての時から気になる存在でもっと知りたいと思う存在でした。お守りくれてうれしかったです。オオカミちゃんじゃないのでSASUKEくんには信じてほしいです」

SASUKE「わかった。信じた」

まゆ「気持ちを言ってくれた時から変わってないですか?」

SASUKE「迷ってるって言ったけど、まゆのほうが大きいです」

まゆ「そうなんだ、うれしい。はじめて言ってくれてうれしい」

SASUKE「はっきりしなかったからね」

まゆ「そっか。ハグしたい気持ちだけど、急かしたくないので、握手しよ」

と握手する。

SASUKE「ありがとう」

まゆ「これからもよろしくお願いします」

SASUKE「お願いします」

 

ゆな

SASUKEに告白。

レオ「負けちゃった。期待しちゃうやん」

ゆな「気になってるっていうのは伝え過ぎってくらい伝えてると思う、何考えてるかわからないけどそこに惹かれて、SASUKEくんを考える日が多くなりました。気になるっていうか好きだなって思うのはSASUKEくんです。オオカミじゃないので信じてください」

SASUKE「わかりました。でもお守りまゆに渡したんだけど、正直まゆのほうが大きくなっていって。でも今日気持ち言ってくれたし」

ゆな「そういうので変える必要はないよ。素直に言ってほしい。私はでもSASUKEくんって決めたから」

 

マイラ

レオに告白。

せいなは頭を抱える。

マイラ「レオのいいところを言ってくね。まず周りの人のこともみて気を使えるところ。挨拶とか礼儀とかしっかりしてる姿を見て感心してるし、目標もしっかりあるところ素敵だなって思います。オオカミじゃないのでもっと見てほしいと思います。私がレオの心の支えになれたらいいと思ってます」

レオ「・・・」

マイラがレオに近づき口を遮るしぐさをする。

マイラ「言わなくていいので、私が伝えたかっただけだから」

レオ「一言だけ、ありがとう」

マイラ「ありがとう。じゃあね」

 

YUNA

ショーンに告白する。

YUNA「私は大きい何かがないと好きになれない。でもきっかけがないからなんであなたが目に入るのか。でもショーンしか見えない。信じてください。オオカミじゃないですから」

ショーン「ありがとう。俺は昨日めちゃくちゃ楽しかったし、ユナヤが一番。オオカミじゃないって信じてるから本気で行くね」

 

ユリホ

ショーンに告白。

ゆうきは落ち込む。

 

ユリホ「私は積極的に行くのが得意じゃないけど、ショーンに気持ちを伝えたくて、ショーンは居心地がいいし今ショーンに一番わたしがオオカミじゃないって信じてほしいです。頑張るから私のことを考えてみてほしいな」

ショーン「思いを伝えてくれてありがとう。でも昨日YUNAを月LINEいってユナヤが一番だと思ってる」

ユリホ「可能性はない?」

ショーン「そうかもしれない、ごめんね」

 

せいなの月LINE

せいな「マイラ2人であって話しませんか?」

 

相関図

予想、考察

オオカミちゃん

ゆな:ユリホをまゆをオオカミっぽく見せているのでは?YUNAとマイラは嘘ついてなさそう。

 

せいな:まゆにブレスレットを渡したが急に変わった

 

ゆなの愛用のバッグ👇


次お話はこちら

 

参考

オオカミシリーズの記事一覧はこちら

見逃し配信はAbemaTVの公式サイトで!

 

恋愛リアリティカテゴリの最新記事